ptofile

朝岡さやか


朝岡さやか(旧姓 松本さやか)

1979年11月3日生まれ さそり座
東京都出身 3歳よりピアノを始める。


[経歴]

1993年
全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学生の部全国大会第1位及び野村賞受賞。1992年以降、同じくピアニストの妹松本あすかと共に、韓国(「月刊音楽」主催)、ドイツ(ドイツ・ザクセン地方独日協会の招待)、イギリス(イギリス・イートンカレッジの招待、大和日英基金の助成)各地に演奏旅行、コンサート出演。

1997年
第20回ピティナ・ピアノコンペティションコンチェルト部門上級全国大会最優秀賞(第1位)受賞。

1998年
桐朋学園音楽大学の最難関コース“ソリストディプロマコース”に入学。計6回のリサイタル試験及びコンチェルト試験に連続合格を果たし、ピアノ科では創立以来史上初のソリストディプロマコース修了者となる。また、桐朋在籍中、国際基督教大学(ICU)に入学。4年間、桐朋音大とのダブルスクールを続ける。

2003年
国際関係学科国際コミュニケーション・教育学科心理学の学科間専攻にてICUを卒業。卒業論文では、クラシック音楽演奏者を対象とした臨床心理学の観点からの研究を行う。

2005年
イギリスのRoyal Academy of Music(英国王立音楽院)大学院課程パフォーマンスディプロマコースに奨学金を得て留学し、2006年6月同コースピアノ科を卒 業。最高レベルの演奏者に与えられるDipRAMの称号を授与される他、ラフマニノフ「音の絵Op.39」の9曲全曲演奏を行ったファイナルリサイタルに対しVice Principal’s Special Award(副校長特別賞)が授与される。

2007年
ラフマニノフに特化したリサイタルをロンドン中心にイギリス各地にて開催。
2009年
イギリスHigh Sheriff Gala Concertのゲストソリストとして招待され、ブリストル大聖堂にてPeter Stark指揮エメラルドアンサンブルオーケストラとラフマニノフ協奏曲第二番を協演。

作曲活動にも力を入れており、2010年には、ロンドン、ハンガリー、ローマにて、ラフマニノフ及び自作オリジナル曲を中心としたリサイタルを開催。現在は、クラシックの枠を越え、オリジナル曲の作曲演奏活動やアーティストのレコーディング参加、映画音楽を担当する等、活動の幅を広げている。

また、これまでピアノソロで演奏される機会の少なかったラフマニノフの協奏曲や交響曲を独自にピアノソロ用にアレンジする「ひとりラフマニノフ」シリーズの編曲・演奏活動も行っている。

2011年3月11日に起こった東日本大震災を受けて、被災地の赤ちゃんとお母さんを支援する「ベビーモスリンプロジェクト(http://babymuslin.org)」を発足し、責任を担っている。

2012年9月、11月に全曲オリジナル曲を収録したアルバム「Morning Star~暁~」「Midnight Sun~夕桜~」を発売。独特の透明感と心に染み入るメロディが織り成すオリジナル曲の数々は、TVドキュメンタリーやラジオなどでも幅広く使用されている。

2013年11月16日公開の映画「燦燦-さんさん-」(監督:外山文治、主演:吉行和子、宝田明、第38回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門正式出品作品)の音楽(作曲・演奏)を妹あすかと共に担当する。

2014年、フィリピンの子ども達にクラシックコンサートを届ける「UUUオーケストラプロジェクト2014」のゲストソリストとして参加。スラム街の小学校などフィリピン・セブ島9カ所にて、UUUオーケストラと共にコンサートやワークショップを行う。

2013年6月より、月刊Piano(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)にて、エッセイ「さやかのピアノソラ」を連載。2014年秋からは、同雑誌にて「ピアノ・ウェルネス〜ピアノをより楽しむためのプチメンタル講座〜」を連載。2016年7月からは同雑誌にて、「1分間で気軽にワンポイント上達できる練習曲」をコンセプトとした「朝岡さやかのピアノソラ・エチュード」を連載中。

2016年11月ベルギーにて初公開の短編映画「わさび」(監督:外山文治、主演:芳根京子、ブリュッセル国際映画祭正式出品作品)の音楽(作曲・演奏)を担当。



現在は(株)アルファベッティに所属。日本在住で、6歳男の子&2歳双子女の子の3児の子育てをしつつ演奏活動、作曲活動を行っている。



   ※ 朝岡さやかに関するお問い合わせ、作曲・出演依頼、取材依頼などは、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。